ホーム 走る添乗員® マラソンツアーリスト
パリの名所を巡る観光都市マラソン
MARATHON DE PARIS 2020 / 05 April 2020
ヨーロッパ各国のランナーにも大変人気のあるパリ観光名所を巡るフランスの都市マラソン。 
シャンゼリゼ大通りをスタートしてコンコルド広場、ルーブル美術館を抜けて東へ、折り返してセーヌ川沿いからの
エッフェル塔を眺め、ブローニュの森を経て凱旋門へと延びるフォッシュ通りでフィニッシュするパリ観光満喫コース。
2020パリマラソンツアー情報
パリマラソンツアー申込受付中! 催行決定!
2020パリマラソンに参加ご希望の選手ならびに
その同伴の方を対象に、大会参加におすすめの
ご旅行プランを企画手配いたします。
おすすめプランをご希望の方は下記フォーム
よりご請求お願いいたします。
●パリマラソンツアー資料請求フォーム ●ツアーレポート2017 2016 2015〜
■大会概要
開催地:フランス パリ
開催日:2020年4月5日(日)
種 目:フル 08:45スタート
制限時間: 5時間40分
参加定員: 50,000人
大会エントリーの代行手続について
      ツアーご参加者のみ当社にて代行手続を承ります。
エントリーに際し、英文健康証明書の提出が義務付け
られています。 詳細はお申込後にご案内します。
■パリマラソン大会ホームページ
http://www.parismarathon.com/
パリマラソン10回完走の
走る添乗員® がお世話いたします。
パリマラソンスタート前の記念撮影
2020 パリマラソン 走る添乗員® おすすめプランのポイント!
パリマラソン10回完走の走る添乗員® がお世話いたしますので初海外マラソンの方でもご安心ください。
ご面倒な大会エントリーの手続は当社にて代行させていただきます。
羽田〜パリ間は往復直行便を、ホテルは会場へ徒歩13分程の便利なメリディアンエトワール指定!
大会前々日にフィニッシュ後のながれ等を説明しながら調整ランを行います。(参加自由)
EXPO会場でのゼッケン受取りや当日のスタート会場への移動も走る添乗員® がご案内いたします。

選手の方へエネルギー満点の和食弁当をご用意します。マイペースでスタート前のご準備が可能です。

大会の夜は「マラソンツアー交流夕食会」で、選手・応援のみなさんで楽しみましょう!! (追加オプション)

モンサンミシェル日帰り、ベルサイユ宮殿などのオプショナルツアーをご用意しております。

 2020パリマラソンツアーの詳細は資料をご請求いただきご確認お願いします。
 現地発着プランをご希望される方は備考へその旨をご入力ください。
パリマラソン コースイメージ
凱旋門前よりスタート、シャンゼリゼ大通りをコンコルド広場まで緩く下っていきます。 
その後ルーブル美術館前のリヴォリ通りを走り、バスティーユの塔を抜けてパリ東のヴァンセーヌの森へ向います。
ヴァンセーヌ城前で多くの声援をもらって森の中へ。 森を抜けて再びバステイーユの塔へ戻る途中でハーフ地点を通過。
バスティーユの塔を左へカーブしてセーヌ川沿いへ。オルセー美術館やエッフェル塔を眺めながらパリの西ブローニュの森へ。
34km手前から自然豊かなブローニュの森に入り右へ左へ走ります。 開催年によりワインステーションが出る場合も…
41kmを過ぎて暫くすると森を抜けフォッシュ通りへ。 
多くの声援を受けながらラスト200mを楽しもう。 余裕があればフィニッシュゲート先の凱旋門も見える!?
パリマラソン10回完走の 走る添乗員® から、コースのインフォメーション
選手は凱旋門を背にしてシャンゼリゼ大通りからスタートとなります。
エントリー時の目標タイムによりコーラルが7つに分けられ、エリートグループに続き順次スタートします。
2〜20分のウェーブスタート式となっているため中盤以降の選手も以前の様な渋滞は少なくなっています。
スタートからコンコルド広場までは石畳の緩い下りとなりますため、足元を注意して走らなければなりません。
雨が降った場合はアスファルトと比較してかなり滑りやすくなりますのでより注意が必要です。
コースはコンコルド広場を通り抜けチュイルリー公園を見ながら賑やかなリヴォリ通りに入ります。
片側2車線となり狭くなりますので無理に前には出ずアップのつもりで5km地点となるバスティーユの塔までは
ゆっくり走りましょう。 その後更に道は狭くなりコース上に駐車の車もありますので前に気をつけてください。
更にコースは東へ向かいます。10km付近からヴァンセーヌの森に入ると走りやすくなっていきますので
少しずつ目標ペースに上げていければ良いと思います。 森の中は緑も多く気持ち良く走れますが一部狭い
コースもありますのでコーナーでは他の選手と接触しないように注意しましょう。
また森の中は緩やかなアップダウンがありますのでペース維持に努めましょう。
森を抜けたあたりのハーフ地点にはたくさんの声援がありますので、後半に向けて元気をもらえるでしょう。
再びバスティーユの塔を戻り南下してセーヌ川沿い道路へ入ります。 賑やかな応援に応えながら暫く
セーヌ川沿いを走るとパリ中心部のコンコルド広場の南側まで戻ってきます。(27km)
その辺りから応援が一層多くなりますのでペースダウンしないように29km付近から見える美しい
エッフェル塔を目標にがんばりましょう。
パリマラソンの攻略法としてはセーヌ川沿い25km〜32kmの7kmがポイントになると思います。 
この区間は一部狭い川辺道路を走る所があり、長い地下道(湿度上昇)や立体交差となる道路は緩い
アップダウンが数回続きます。 また一部ですが石畳も走ることとなります。
私の場合、変化のあるコースではややストライドを抑えてリズム良く走ることを心がけています。 
終盤となる34km付近からパリ西部にあるブローニュの森に入っていきますが、小さな公園を通過する
イメージとは異なり、東へ北へ、また南へ西へと森の中を周回(約6km)している感じがして、精神的に
少しきついかもしれません。 
途中ワインのエイドが出る場合もありますが記録を狙っている方には味わう余裕はないでしょう。 
進行方向遠くに高いビルが見えてきたら残りは2km程。41kmからコースは概ねフィニッシュへ向かって
真っ直ぐ、また賑やかな応援もありますのでここまで目標ペースで走れた方はぜひロングスパートを
して記録を狙ってみてください。 森を抜けて遠くに凱旋門が見えてきたらゴールです。

パリマラソンでは大会終了の数日後にインターネットでランナーの映像を見ることができます。(コース上5〜6ヶ所)
完走記録にはスプリットタイプも記載され、記録にあわせて自身の映像を探すこともできますのでお楽しみに。
ぜひ最後は「笑顔でフィニッシュ」してください。
初マラソンやビギナーの方にとって5時間40分の制限時間は決して楽ではありませんが、8分/kmペースで
完走できますので計画を立ててトレーニングされれば十分クリアできるでしょう。
(実際には制限時間を超えて完走となっているランナーも相当数います)
コース上から見ることができる観光名所、景色、応援は変化に富んでいて決して飽きることはありません。
きっと楽しくパリマラソンを走ることができるでしょう。
パリマラソン10回完走
の走る添乗員® が
お世話いたします。

・2008年:3時間19分
・2009年:3時間24分
・2010年:3時間15分
・2011年:3時間21分
・2012年:3時間08分
・2013年:3時間20分
・2014年:3時間12分
・2015年:3時間09分
・2016年:選手サポート
・2017年:3時間18分
・2018年:3時間14分




世界を笑顔で走ろう!ハートフルマラソンツアー
Copyright © Hertful Tours Inc. All Rights Reserved.